失敗から学ぶ人と学ばない人の違い+失敗を成長に変える方法を解説

皆さんの周りにこんな人はいませんか?「何度言っても同じことを繰り返す人」

こっちが試行錯誤考えて伝えても、なぜかまた同じことを失敗を繰り返してイライラしてしまう。

 

もちろん他人だけの話ではなく、この記事を読んでる方で過去に言われたことがある人もいるでしょう。

では同じ失敗を繰り返す人と、二度とやらない人は何が違うのでしょうか?

 

その答えを知るには『自己完結×学び』の部分が劣っていることに理由があるのです。

 

失敗から学ばない人の特徴=自己完結

 

失敗から学ぶ人と学ばない人の大きな違いは、自分自身で『自己完結』しているかどうかで表すことができます。

つまり誰もが日々色々な人の意見や発言を聞いて生活していますが、学ぶ人は普段の何気ないことから知見や課題を見出し、学ばない人は何事も深く考えずに自己解決してしまっているのです。

 

例えば勉強熱心な美容師さんを例に挙げると、以下のような特徴があります。

  • 最新の流行・海外のファッションに興味がある
  • 新しい商品・薬剤に興味がある
  • お客様の来店後の髪の状態が気になる
  • お客様の次の来店時の提案を考える
  • 自分の技術に満足できずに日々練習に励む

 

では逆に自己解決してしまっている美容師さんは以下の通りです。

  • 最新の流行よりも自分が好きな髪型を提供できればいい
  • 新しい薬剤よりも自分が好きな物を使えばいい
  • お客様は帰った後も満足していると思っている
  • 日々起きる失敗に対して反省しない
  • 自己成長の為の練習なんてしない

 

先に言っておきますが、上記に挙げた自己解決している美容師は本当にヤバイので、引っかからないようにしてくださいね笑

 

そもそも美容師さんは技術職なので、一生満足することはないし、一生不安と反省だらけの日々を過ごさなけばなりません。

むしろ「自分はうまいから練習しなくても大丈夫」「お客様は絶対に満足してくれるはずだ」なんてことを思ってしまった時点で、美容師としての成長は止まります。

 

これの何が問題かというと、自己評価だけが先行していてお客様の満足度が度外視されているということ。

要は「自分がよければそれで良い」「そのままで良い」と本気で思い込んでいるんです。

 

そして更に問題なのが自覚症状が無いまま自己完結しているケースです。

例えばこの傾向がある人に「自己満足してるよね」と本人に伝えても、おそらく「そんな訳ないよ」「俺はお客様のことを考えている」なんてことを普通に言ってきます。

 

このような人こそが『学ばない人・成長しない人の特徴』なんですね。

 

僕は美容師を約16年ぐらいやってきましたが、一度たりとも満足したことなんてありません。

「今回は上手くいったな」「あ!お客様が喜んでくれてる」と思ったことはありますが、かと言って自分で「俺最高!!」なんて思ったことはないです。

また「ここは良かったけど〇〇はダメだったな」「次は〇〇してみよう」ということだけは必ずノートに書いていました。

 

このように「完璧!満足!」と思った時点で、多くの人はそれ以上の努力をしなくなります。

だから現状以上の学びが無くなって、自分の実力のままで良いと勘違いし、同じような失敗を繰り返しても反省すらしなくなってしまうのです。

 

学ばない人はコンフォートゾーンから抜け出せない人

 

引用元:PHRS

コンフォートゾーンとは”居心地のいい場所”という意味で使われ、「安心・安全・安静」など心の平穏を保てる環境にいる状態で「不快・辛い・不安」などの要素が存在しない状況を表しています。

 

科学的な説明では、コンフォートゾーンは「不安レベル」と関連しているといわれています。不安にならない行動範囲が、その人のコンフォートゾーンです。夕食を作る、通勤する、テレビを見るというような、いつもやっていることを頭に思い浮かべてみてください。不安になったり心配したりしない、慣れ親しんでいる毎日の行動は、コンフォートゾーンの一部だといえます。

引用元:lifehacker

 

上記の画像で言えば、左側の黒い小さな円が居心地の良い範囲であり、人によってこの範囲が広い人・狭い人がいると言われています。

そして新しいことに挑戦する場合や、知見を増やす、何かを学ぶには、コンフォートゾーンから抜け出して、FEAR ZONE→LEARNING ZONE→GROWTH ZONEへと進む必要があります。

 

しかし多くの人は居心地の悪い環境を自ら選ぶことはなく、知らない領域に踏み出すには恐怖を取り払わなければなりません。

「未知」であることがその人にとっては「恐怖」へと変換される為、自分の予測外のことに関しては対処できる自信がないのです。

 

なのでまずはコンフォートゾーンの一つ外であるFEAR ZONE=恐怖に対して、「その恐怖は自分が勝手に作り出したもの」だと意識すること。

そしてその恐怖を乗り越える為には、『学習』によって自分をコントロールするしか方法がないのです。

 

人がなぜ恐怖を感じるのかというと、その物事に対して知らない(未知)のが原因です。

最初は興味関心を持つところからで構いません。小さいことから手をつけてみて、そして経験をし、対処法を積み重ねていけば自然と自分の中で確信→自信へと変わっていきます。

 

失敗から学ばない人は、どんな状況でも自分のコンフォートゾーン内に留まる性質があり、学ぶことに対する恐怖がある為、情報や経験をシャットアウトしている状態なのです。

その問題を解決するには、日々の学習と、意識改革から始めないといけません。

 

  • いつもの出勤・帰宅のルートを変えてみる
  • いつも行かないお店に行ってみる
  • 普段会わない友達と遊ぶ
  • 興味のない映画・動画を見てみる
  • 1年に一回は新しいことに挑戦する
  • 予定を立てずに外出してみる
  • 行動力のある人と一緒に行動する

要は普段やらないことをやることで、新しい刺激が脳に与えられ、その経験を乗り越えた自信を蓄えていく感覚です。

 

オースティン君

僕自身も英語も喋れず、仕事も決まっていない、そんな状態でいきなり海外に住むことを決断しましたが、最初はある程度苦労しても、時間と経験によって人間はちゃんと対応していくんだよね。

柔軟性が無い人でもそういう環境に身を置くことで、何とか生き抜く為に知恵を振り絞って、とりあえずやってみる。

とりあえずやってみたら上手くいって、だんだん自信が湧いてくる。こんな感じで日常に少しのスパイスを加えてあげると、恐怖に対するハードルが低くなってることを実感できるよ♪

 

失敗から学んで成長できる人になる簡単な方法

 

では失敗を成長へと変えれる人になるにはどうしたら良いのでしょうか?答えは2つしかありません。

  • 学び続けている人と行動を共にすること
  • 学び続けている人の真似をすること

 

要はあなたが参考になるメンターを見つけてください。

 

例えばあなたが過去にスノーボードを一度もやったことがないとしましょう。しかし友達に誘われたので行く事にしました。

あなたはどうやってスノーボードの知識を学びますか?恐らく大半の方は下記のような行動を取ると思います。

  • 一緒に行く友達に聞く
  • 一緒に行く友達に教えてもらう
  • インストラクターに教えてもらう
  • 現地で上手い人を見て学ぶ
  • 本や動画を見て学ぶ
  • とりあえず滑って経験する

 

この中でも一番効率が良いのは、友達やインストラクターに直接教えてもらうことですよね。

もちろん教えてもらったからその日のうちに上手になる訳ではないですが、格好よく滑る友達の姿を見ていて、「自分も上手く滑れるようになりたい」と誰もが思うはずです。

 

しかしその友達も最初から上手に滑れた訳ではなく、挑戦と失敗を繰り返した結果、今の状態まで技術を習得することができました。

なのであなたよりも失敗に関して詳しいのは当たり前ですよね。だからこそ、その人から直接教えてもらえば、効率よく習得することができます。

 

このように失敗への対処法を知り、より早く上達するには、その分野のメンターを見つけるしか方法がありません。

その人を参考にさせてもらいながら、自分も成長させてもらう。またその人の姿や思考を真似ることで自信へと変わり、何事にも恐怖を感じにくい自分を作り出すことが可能になるのです。

 

もし自分に自信がない、新しい事に興味があるけど一歩が踏み出せない方は、まずはメンターを見つけて直接教えてもらえる環境を作ってください。

それが不可能なら、今はネットやSNSを活用してその人の行動や思考を観察することも、あなたにとっては必ず学びがあるので、気になる人は常にフォローしておくのも有りですね。

 

まとめ

 

人間は自分の居心地の良い範囲でしか自信を持てない生き物です。

 

例えば学生時代はヤンチャで、仲間と一緒の時はふざけているのに、一人になると急に大人しくなる人はいませんでしたか?

それは彼らにとってのコンフォートゾーンが仲間と一緒にいる時で、逆に一人の時は恐怖を感じてる、または自分に自信が持てない状態を表しています。

 

しかし自分の居心地の良いところでしか自分を出せない環境を作ってしまうと、社会に出た時、責任が問われるような状況で活躍できない存在になってしまいます。

だからこそ小さいことでいいから、新しいものに挑戦し続ける勇気が大切なのです。

 

挑戦すれば、今までやったことがないのですから失敗は付き物です。

それはどれだけ才能がある人でも、挑戦したことがない分野では誰もが失敗を経験するでしょう。

 

しかしその失敗を元に更に挑戦する人、失敗したことで自信を無くして二度とやらなくなる人では、将来的に全く違う結果になるのも事実。

だからこそ例え失敗しても落ち込む必要性も、恐怖を感じることもありません。

 

誰もが同じように失敗に対して不安を感じてますし、実際にやってみたら今までの不安が何だったのか馬鹿らしくなってしまうことはあります。

自分を信じて恐れず、新しいことに挑戦する勇気は生きていくうえで大事なことなので、まずは興味が湧いたらどんどん行動しましょう。

 

読んで頂きありがとうございました。

 


 

関連記事

皆さんは自分の見た目を気にし過ぎたり、他人の目が気になって仕方が無かった経験はないですか? この記事を書いてる僕自身は、元々周りのことをとても気にするタイプでした。   しかし海外に住んだ経験がきっかけで、それ以降全くと言っていいほど気にし […]

関連記事

皆さんは『過労死(Karoshi)』という言葉が海外の英語辞書に載っていることはご存知ですか? ある意味世界から注目されるほど異常な働き方をしているのが日本人なんですね。   僕が海外に住んでた時に外国人の友達に言われたことがあります。 「 […]

最新情報をチェックしよう!
>美容師の新しい生き方を構築する大学

美容師の新しい生き方を構築する大学

従来の固定観念・常識を覆す新しい美容師のカタチをシェアする【BANP College / バンカレ】です。美容師×副業・美容師×テクノロジー・美容師×海外など、時代に沿った生き方、自分らしく生きる為に必要な情報を発信&サポートを行っています。詳しい内容は下記のボタンからCHECK!!

CTR IMG