【重要】美容師を辞める人が減らない理由→海外経験から導き出した答え

美容師という仕事は「やりがい×厳しさ」の両方を併せ持ち、個々の努力や才能が結果に表れやすい職業です。

そういった理由から美容師を辞める人も毎年のように増え続け、しかも最近は美容師を志す若者が激減してると言う話も聞きます。

 

でも美容師歴約16年の僕がここではっきり言いたいのは、美容師は長く続ければ続けるほど楽しくなる世界であるということ。

美容から離れていく人の多くは就職して数年以内に大多数がいなくなり、30歳前後で第二波が訪れる傾向にあります。

 

じゃあその美容師を辞めた人達は現在どんな仕事をしていて、辞めたことをどう思っているのか気になりませんか?

そこで今回は辞めてよかったと思う派の意見や、僕なりの意見をまとめてお話しできればと思います。

 

【驚愕】美容師を辞めた人達の意見まとめ

 

オースティン君

「仕事辞めたい」というのは美容師に限らず、様々な職業において誰もが一度は思うことですよね。

では実際に美容界から離れた人達はどのような意見を言っているのでしょうか?下記にまとめました。

 

  • 自分の自由な時間が増えた
  • ストレスに感じることが大幅に減った
  • 健康的な生活をおくれるようになった
  • 手荒れや腰痛などの体の不調が減った
  • 楽で短時間労働なのに収入が上がった
  • 家族や友達との時間を確保できるようになった
  • 美容師の世界がいかに狭いのかを実感した
  • 美容以外の様々な知見が増えた
  • 美容師の接客スキルが他業種でも活かせた
  • 様々な価値観を持った人との出会いがあった

 

みんなが言っている意見をまとめるとこんな感じです。

ただここで一つの答えが見出せたと思うのですが、「美容師を辞めて後悔した」という人の意見が圧倒的に少ないですよね。

 

むしろ辞めたことをメリットに感じてる方が多く、美容師の大きな問題点が垣間見える形になった気がします。

特に一番多かった意見が『時間を確保できたこと』であり、美容以外の自分の時間や、家族・友達・恋人との時間など、いわゆる普通の生活ができることが何よりも嬉しいそうです。

 

もちろん最近の美容業界は働き方の改革も進んでいるので、昔よりは自由な時間が増えたという人も少なくないでしょう。

ただそれでも美容師を目指さない若者が増えているのは事実であって、その根本的な理由を解決しない限り、本当の意味で人気の職業には選ばれないと思います。

 

美容師を辞める人が減らない根本的な理由

 

皆さんは美容師さんが一日何時間、どのような働き方をしてるか知っていますか?

 

現在の美容業界は大幅に改善しています

【美容師アシスタントの一日】

6:00am / 起床
7:00am / 出勤
8:00am / 朝練習
10:00am / 営業開始
13:00pm / 昼食
20:00pm / 営業終了後夜練開始
23:00pm / スタッフとの外食
0:30pm / 外食終了後帰宅
2:00am / 就寝

 

これは僕がアシスタント時代に経験したある1日ですが、こんな日々が3~5年ほど続きます。

当時は多くのお店がこういう制度を導入していて、特に違和感もなく、ごく当たり前のことでした。

 

これを計算してみるとお店にいる時間が約16時間で、睡眠時間は約4時間。

しかも休日は週一回でその日は大抵撮影とか練習、または講習会に参加したりすれば自分の唯一の休日は月一回あるかないかです。

 

そこまで過酷な環境だったのにも関わらず、当時は何も疑問に思いませんでした。

初めて入った会社がそういう働き方をしていればそれが普通ですし、むしろ美容業界の常識に洗脳されていたんだと思います。

 

でもこの洗脳こそが一番危険な状態であり、気づかないうちに精神を病んでしまったり、身体に不調を来す人もたくさん見てきました。

当たり前の話ですけど、人間はいくら好きなことをやれてるとは言っても休息は絶対に必要です。

 

もちろんこの話は10年ぐらい前のことなので、今は改善の為に努力してるサロンが増えてきたとは聞くのですが、一部の店舗ではブラックな働き方をさせている所も実際にあります。

じゃあなぜこのような労働環境が許されるのかというと、実は美容師自体が超体育会系のノリだからです。

 

例えば「三度の飯より美容を好きになれ」とか「寝ずに練習しろ」とか、現在オーナーとして上にいる人達はこのような価値観の元、美容師を目指して頑張ってきているので精神的に強い方が多いです。

だからこそ今、結果を残していると言ってもいいでしょう。

 

確かに必死に努力したり、寝ずに練習する時期というのはあってもいいと思います。しかし時代が変われば人々の価値観も考え方も変わる訳で、今は生産性や効率化の時代です。

 

今は昔よりも情報量が多く、ネット上で美容師の生の話を見たり、Youtubeで動画にして発信している人もたくさんいますよね。

そういったツールを使って勉強している人達は、根性論よりも効率性を最も大事にしています。

 

要は効率的に稼ぐことを考えるうえで、本当に美容師を選んで後悔しないのか?

または理想的な生活をしている発信者がたくさんいる現代において、美容師以外に魅力的な仕事があるんじゃないかと誰もが考える訳です。

 

そのうえで最終的に美容師を選んだのであれば、本当に志が高い魅力的な人材であるはず。

でもそんな若者の意欲を根底から覆すのが、美容界に残る根性論であり、しかもそれを強要する先輩やオーナーとのギャップに苦しんで辞めていく人が続出するということ。

 

この美容界に蔓延する文化とも言える圧力を止めない限り、今後も美容師は増えないですし、魅力的な職業に選ばれることはないでしょう。

ではこれからの時代で美容師はどのような働き方をすればいいのでしょうか?個人的な意見を含めて下記で解説していきます。

 

今後の美容師の働き方=多様性の時代

 

なぜ僕がそこまで美容師の働き方について意見を述べるかと言うと、海外の美容師の働き方をこの目で見てきたからなんです。

海外でもお店によって色々な方針があるとは思いますが、基本的に労働時間の制約はありません。

 

特にスタイリストになってからは日本で言う面貸し(フリーランス)になる人が多いので、集客も収入も全部自分で決めると言う仕組みになっています。

もちろん必要な練習はしますが、かと言って夜遅くまで残って練習してる人はほぼいないです。

 

じゃあ日本人がいっぱい練習してるから、日本人の方が上手くて稼げているかと言うとそんなことはなく、海外の美容師の方が収入は高い傾向にあります。

僕はニュージーランドのワーホリに行った際に、ローカルのお店(ニュージーランド人オーナー)でスタイリストとして働きました。

 

その当時の労働環境はと言うと、

  • 料金設定が日本の2~3倍
  • 給料は日本の1.5倍以上(店舗による)
  • 出勤時間に特に決まりはない
  • 営業中に空いた時間があれば外出もOK
  • お店が暇な時は帰ってもいい
  • 遅くても夜19時までには帰宅
  • 練習は皆無
  • 休日は週休2日
  • 祝日は基本的に休み(休日出勤は時給2倍)

日本で働く美容師さんからすれば羨ましいと感じる方もいるかもしれないですが、実は日本の働き方自体が異常なだけです。

 

というより外国人の仕事に対する考え方が日本人とは根本的に違い、プライベートな時間に支障が出るような働き方は一切しません。

基本的にやるべきことをやってればそれで良いという考えなので、契約書に書かれたこと以外の業務をやる必要がないんですね。

 

しかも海外の美容院全般的に言えることですが、料金設定が日本の2~3倍近く高く、比較的客数が少なくても売上は維持しやすいというのが特徴でもあります。

なのである程度スタイリストで経験を積み、フリーになって自分の顧客をしっかり確保しておけば、収入に困るということはないのです。

 

もっと顧客を増やしたいなら集客すればいいし、現状に満足してれば空いた時間に副業を始めるとか、新しいことの為に勉強するといった人もたくさんいました。

 

要は日本人美容師もこのような働き方をすれば、より自由な時間が増え、自分が理想とするライフスタイルが可能になるということ。

むしろ業界全体で新しい常識を勧める動きがないと、正直若い人は離れていくだけだと思います。

 

そもそも美容師として必要な技術も、最低限できるようになったらそれ以上極める必要はないですよね。

美容以外にも好きなことや興味があることはそれぞれ違う訳で、その培った物を活かしてビジネスに繋げる方法なんて世の中に無限にあります。

 

例えば美容師をやりながらブログを始めるとか、Youtubeでもいいし、更にプログラミングの技術も習得できたら収入も上がるでしょう。

とにかくこれからは美容一本で食っていくとかそんな根性論は捨て去り、”美容師×〇〇”という意識を持って副業から始めてみてください。

 

僕自身もこのような発信活動をしながら新しい価値観をどんどん提供させて頂くので、もし質問や相談などあればメッセージでくださいね。

ちなみに気まぐれで【Youtube】もやってるので、暇な時に見て頂けたら嬉しいです。

 

ではまた!!

 

関連記事

いきなりですが、この記事を読まれた方へガッツリ言わせていただきます。   日本人美容師よ、悩んでるなら世界に行け!!!   「海外で働くなんて…」「英語ができないし…」なんて言ってる場合じゃない。   まず行け!!そして […]

関連記事

美容師はやりがいもあって楽しい職業にも関わらず、離職率が高過ぎるのは皆さんもご存知かと思います。   女性美容師であれば比較的長く続けられる方が多いですが、男性美容師の場合は30代を超える辺りから急激に離職率が高くなります。 それがなぜかと […]

最新情報をチェックしよう!
>美容師の新しい生き方を構築する大学

美容師の新しい生き方を構築する大学

従来の固定観念・常識を覆す新しい美容師のカタチをシェアする【BANP College / バンカレ】です。美容師×副業・美容師×テクノロジー・美容師×海外など、時代に沿った生き方、自分らしく生きる為に必要な情報を発信&サポートを行っています。詳しい内容は下記のボタンからCHECK!!

CTR IMG