美容師を辞めたら勿体ないって本当?→【断言】全く問題ありません

美容師の世界は奥が深くて、やりがいもあり、永遠に楽しめる職業の一つだと思います。

しかし現実は厳しい部分もあり、技術を磨く努力や人間関係の悩みなど多くの壁が存在し、定着率が悪い職業の代表格ですよね。

 

なぜ好きで美容師を目指したのに離れる人が多いのかというと、シンプルに生き残り続けるのが難しいからです。

活躍できる年齢に制限があるのはもちろん、その努力に対する対価が少ないというのが理由に挙げられます。

 

なので美容師を辞めようか悩んでる、将来が不安という方には一刻も早く辞める事をオススメしています。

その理由や、これからの時代性を踏まえた美容師の在り方を含めて、皆さんとシェアできればと思います。

 

美容師を辞めたら本当に勿体ないのか

 

ではなぜ美容師の先輩を含め、辞めることに対して周りの人達が「勿体ない」と言ってくるのでしょうか?

  • 高いお金を払って専門学校に通って資格を取ったから
  • 夜遅くまで残って練習を積み重ねてきたから
  • 将来的に美容師として成功してほしいから

 

しかしこれらの理由を見てみると、そこにいくつかのキーワードが隠れていることが分かりますよね。

  • 資格を取る為の「お金」
  • 投下してきた「時間・労力」
  • 将来に対する「期待」

 

つまりそれらは個々の価値観を元に伝えている訳であって、あなた自身の考えには共感していないのです。

 

例えば人によって様々な考えがありますよね。

  • たくさんのお金と時間を投下してきたのだから成功させないといけない
  • やりたいことが変わったから過去の時間やお金なんて関係ない

 

このどちらが正しいと断言できる人はいますか?

要は他人なんて自分の価値軸でしか物事は伝えられないし、あなたが美容師を辞めることを真面目に考えていません。

 

むしろあなたの決断を止める人は、「美容師をやったことがない人」または「美容師を辞めたこともない人」ではないでしょうか。

その人達に、あなたが真剣に辞めるかどうか悩んでいることを理解できると思いますか?

 

なので自分が美容師を辞めようかと悩んでいる時点で、それがあなたにとっての正解だし、実際に辞めた後もあなたの人生は続きます。

逆に20歳前後の若い時に決めたことを一生涯続けられる人は、「新しいことに挑戦する勇気がない人」か「美容師が単純に好きな人」なんです。

 

人生の途中で違うことに挑戦するのを選択したとしても、それはあなたの人生だから自分で責任取れば良いだけ。

今まで投下してきたお金や時間は、新しい世界で活かせばいいんです。

 

なので余計なことを考えなくていいから、「辞めたい」と思ったなら辞めて次のステップに進んでください。

「後悔・勿体ない」なんてネガティブな言葉に惑わされる方が、あなたの人生を狂わせてしまうことになりますよ。

 

美容師一本で食べていける時代→不確実な時代へ

 

「あなたはいつまで美容師を続けますか?」

この質問に対してはっきりと答えられる人はそのまま継続してください。逆に答えられなかった人はより早く辞める決断をしてください。

 

一昔前までは「生涯美容師」という言葉が一般的であり、一つのことを極める職人気質の考えが浸透してました。

しかし時代の変化と共に働き方も多様化し、インターネットを活用した生活が当たり前になって、場所関係なく自由な環境で生活してる人も数多く存在します。

 

ただ美容の世界は何も変わらず、「俺は腕一本で一生食っていく」という考えが未だに残っていますよね。

でも現実として美容師を目指す人の減少、更には美容師から離れていく人も多く、どこのお店も人材不足、ギリギリでお店を維持してる所も少なくありません。

 

更に美容師は体力勝負の仕事でもあり、ある程度の年齢を越えると腰痛や腱鞘炎などの身体の不調を訴えるようになることから、死ぬまで経営を続けることが難しい面もあります。

なのでそもそも一生美容師で食べていける人なんて、ほんのわずかしかいないのです。

 

そういった理由から美容師を辞めることが悪いのではなく、早いうちに自分の可能性に限界を感じて決断した訳ですから、むしろちゃんと考えてる素晴らしい人だと思います。

 

もちろんそういう決断をすると止める人が周りに出てくるとは思いますが、彼らは現実を知らないだけです。

ぜひ自分を信じて、挑戦することに勇気を出して行動してみてください。

 

自分の人生なんていくつになっても方向転換は可能なのですから。

 

美容師を辞めても美容師の肩書きは消えない

 

皆さんは『美容師』が何なのか真剣に考えたことありますか?

僕が思う美容師は、「誰よりも髪を扱うのが上手な人」だと思います。

 

決してバカにしてる訳ではなくて、長い時間をかけて専門知識や技術を学んできた結果、一般の人よりも髪を上手に扱えると言うだけですよね。

なので「美容室」という空間から離れたとしても、美容師という肩書きは一生消えません。

 

例えば家族の髪を家で切ってあげたり、友達の髪をやってあげて喜んでくれたら、それは美容師として誰かに貢献したことになりますよね。

環境が違うだけで、あなたが美容師としてやってきたことや、培ったスキルというのは一生涯残ります。

 

それは、あくまで”美容室で働くのを辞めた人”であって、周りから見れば一人の美容師であることには代わりはないんです。

職業なんて関係ありません。

 

今は働き方も多様化しているからフリーランスの美容師になるのもいいし、何か別の本業をしながら美容師を副業として続けることだってできます。

なのでいわゆる一般的な美容師として働くのが嫌なら、躊躇せずに次のステップに進みましょう。

 

美容師×副業が常識になる

 

なぜここまではっきり言えるのかというと、僕自身が約16年やってきた美容師を辞め、次のステップに進んだからです。

2017年からブログを始め、アクセス・収益共に結果が出てきて、2019年は美容師の海外留学をサポートする事業を始めました。(※2020年の新型コロナウイルスをきっかけに事業を閉めました)

 

ただその間もブログを続け、今は4つのサイトを運営しながらYoutubeに挑戦したり、新しい事業を作る為に日々活動しています。

現在は美容師自体を本業にはしてないですが、たまに知り合いのお店にお手伝いに行ったりしている状況です。

 

ただこのような働き方をしている美容師さんは僕だけではなく、昔よりも自由な働き方をしている人が増えたような気がします。

彼らも副業でブログやYoutubeで発信活動をし、インスタで集客、人によってはプログラミングを始めた人もいます。

 

もう既に動き始めている人はちゃんと形にしていますし、答えが分からない状況でも着実に前進してる人は世の中にたくさんいるのです。

多くの美容師さんは「一度決めたことだから一生続けないといけない」と思い込んでるだけで、実際は将来に対して不安に思ってる人の方が多いと思います。

 

もし少しでも不安を感じてるのであれば、今すぐにできることから始めてみましょう。

現代はパソコンやスマホを使って収入を得る方法はたくさんあるのですが、ほとんどの人がその方法自体を知りません。

 

でもそれは今まで美容師に真剣に向き合ってきたのですから、他業種のことを知らなくて当たり前の話です。

現在、そのような方をサポートする事業を計画中なので、また形になり次第このブログを通して発表させて頂きます。

 

海外留学サポートの時もたくさんの方からお問い合わせ頂き、多くの美容師さんが将来に対してちゃんと考えてることを実感しました。

次の事業も皆さんの要望に答えるべく、様々なプランをご用意しておりますので、楽しみにして頂けたら幸いです。

 

追ってお伝えしますので、興味がある方は定期的に私達のブログに訪れてくださいね。

ではまた近いうちに。Bye!!

 

関連記事

美容師は本当に魅力的な職業で、お客様の喜ぶ反応をその場で感じることができる、究極のサービス業の一つだと思います。 しかしそんな素敵な仕事にも関わらず、辞めていく人が後を絶たないという現実もあります。   お洒落でカッコ良くて華やかなイメージ […]

関連記事

2020年、私達は一生に一度あるかないかのパンデミックをこのような形で体験するなんて誰が予想できたでしょう。 毎日のニュースで発表される内容にドキドキしながら、恐怖を感じてる人も少なくないと思います。   「いつになったら終息するの?」「い […]

最新情報をチェックしよう!
>美容師の新しい生き方を構築する大学

美容師の新しい生き方を構築する大学

従来の固定観念・常識を覆す新しい美容師のカタチをシェアする【BANP College / バンカレ】です。美容師×副業・美容師×テクノロジー・美容師×海外など、時代に沿った生き方、自分らしく生きる為に必要な情報を発信&サポートを行っています。詳しい内容は下記のボタンからCHECK!!

CTR IMG